歯を白くしたい

歯を白くしたい時の選択肢とは?

歯を白くする方法として、代表的な治療法は以下の3通りがあげられます。

歯を白くする方法 ①

セラミック治療

歯を白くしたい時の選択肢として、審美修復の「セラミック治療」があります。

セラミックは変色せず、透明感があり周りの歯に馴染む素材です。セラミック治療は歯を削ってセラミックの被せ物(クラウン)、詰め物をすることで自分好みの色や形にすることができる治療法です。セラミック素材は、見た目も自然歯と同じように見える審美修復です。

メリット
  • 自分の好みの色を選んで、セラミックを作成することができます。
  • 矯正ではできない歯の形や大きさも希望の通りにすることができます。
  • 短期間で少ない通院回数で整った歯並びを手に入れることができます。
  • 金属を使用していないので、金属アレルギーの心配がありません。
  • 耐久性も高く長持ちします。
デメリット
  • セラミックの被せ物をするため、健康な歯を削る必要がある場合があります。
  • 保険外の治療なので、費用が高くなってしまうことがあります。

歯を白くする方法 ②

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で専用のホワイトニング剤(薬剤)を塗布して、専用のライトを当てて歯を白くするホワイトニング治療です。ホワイトニングをする前にPMTCと呼ばれるクリーニングで、歯の表面についたステイン(シミ)や着色汚れを研磨剤にて除去してから施術していきます。

メリット
  • 歯科医院で行うホワイトニングなので、高濃度のジェル(ホワイトニング液)を使用することができ、一度で何段階も白くすることができます(即効性)。術前、術後で写真撮影をしますので、違いを確認してもらえるので満足度は高いです。
  • 年齢に関係なく清潔感のある白さになります。
  • 資格を持ち、知識、経験豊富な歯科衛生士が施術してくれるので、安心して任せることができます。
デメリット
  • 1回でホワイトニング効果を感じやすいのですが、効果の持続性は高くないことがあります。
  • ホワイトニング治療は保険が適用できず、保険外なので1回のホワイトニングの値段が高いことがあります。また、どの程度白くなるかは個人差がありますが、希望の白さになるまで数回施術が必要になる場合があります。
  • 少しだけ知覚過敏を感じることがあります。
  • 通常は時間の経過とともに色がついてくる事があるので、気になる場合は1年に一度くらいは、再ホワイトニングされることを推奨します。
  • ホワイトニング直後はタバコのヤニ、コーヒーやお茶の茶渋などの色素が付きやすいことがあります。
  • 神経を取った歯は、全体のホワイトニング治療をしても、周囲の天然歯もその分白くなり、白さに差が残るので、全体の歯をホワイトニングした後、単独でホワイトニングまたはセラミックなどで白さを合わせる必要がある場合があります。

歯を白くする方法 ③

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングはお口にぴったりと合った透明のマウスピースを作製して、自宅でホワイトニング剤(ホワイトニング用の漂白剤)を入れてはめて歯を白くしていくセルフケアのホワイトニング方法です。透明のマウスピースなので、周りの人の目を気にせずホワイトニングすることができます。

メリット
  • 少しずつ白くなっていくので、オフィスホワイトニングに比べて効果の持続性は高いです。
  • 自宅で好きな時にホワイトニング治療をすることができるので、忙しい人でも手軽にホワイトニングすることができます。
  • ホワイトニングは少しずつ後戻りしてしまうので、色が気になった時のメンテナンス用として使用することができます。
  • 少しずつ白くなっていくので、自然な白さで希望の色になった段階でホワイトニングを調整することができます。
デメリット
  • 少しずつ白くなるのでオフィスホワイトニングよりホワイトニングの期間がかかってしまいます。
  • ホワイトニング期間中は着色しやすい食べ物を避けることが望ましいので、その期間、ワイン、コーヒー、緑茶など食事に少し制限があります。
  • 虫歯の治療をしてエナメル質や象牙質を削ってしまうと、マウスピースが合わなくなってしまう場合があり、作りなおしが必要になってしまうことがあります。

\このほかにも/

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時に行うデュアルホワイトニングもあり、一番早く白くすることができ、短期間で効果を発揮することができるホワイトニング治療なので、結婚式を控えた女性など、この日までに白くしたいと思っている方にオススメのホワイトニング方法です。

デュアルホワイトニング

同時に行うので、短期間でより高い効果を発揮します。

歯を白くしたQ&A

Q.ドラッグストアなどの市販で帰る歯磨き粉やホワイトニング液は効果ありますか?

A.一般的に市販で売られている商品には漂白剤は入っていないため、白くなることは無いと考えた方が良いです。

一部歯科専売の商品であれば、補助機能が期待できるものがあります。例えば、アパガード(研磨剤入りではない)はナノ粒子ハイドロキシアパタイトという成分が配合されているため、歯垢を吸着除去する効果があります。また、ミクロレベルの傷の補修(再石灰・再結晶化)、歯にミネラルの補給を促すという効果もあるようです。


Q.ホワイトニング以外で歯を白くするため、普段できることはありますか?

A.口内環境を整えることで原因の予防になることがあります。アパガードなど、ご自宅でのセルフケアを行っていただく以外には、クリーニングを定期的に通うことで口内の汚れ、着色汚れが除去できます。歯を白くするということは、見た目がきれいなのはもちろん、口臭などの対策にもつながるのでオススメです。

おかだ歯科までお気軽にご相談ください。