おかだ歯科

姫路の歯科/歯医者|小児歯科・矯正歯科・インプラント・ホワイトニングはおかだ歯科へ。

入れ歯のお掃除

全記事数: 551件

1 2 3 4 5 6 7 8 9 69

入れ歯のお掃除

ブラッシング
必ずお口から取り外して隅々まで掃除します。入れ歯はプラスチックでできているものが多いため、研磨剤入りの歯みがき粉を使わず、あまり強く磨き過ぎないことが大切です。専用の入れ歯用ブラシを使用し、やさしく磨きましょう。クラスプ(バネ)の部分は特に念入りに。

入れ歯が起こすトラブル

入れ歯はその構造上、歯ぐきとの隙間があり、ここに食べかすやプラーク(歯垢=細菌のかたまり)がたまりやすくなります。

また、部分入れ歯にはクラスプと呼ばれる固定用のバネがついており、ここにも同じように食べかす・プラークがたまります。このように入れ歯を不衛生にしておくと、むし歯、歯周病、口臭などを引き起こしますので、しっかりとしたお手入れが必要です。

入れ歯のお手入れ

失ってしまった歯を補う「入れ歯」。入れ歯には構造上、歯ぐきとの隙間があります。 また、部分入れ歯にもクラスプよばれる固定用のバネがあります。こうした箇所にプラークがたまりやすく、お手入れを怠るとむし歯や歯周病、口臭などを引き起こしてしまいます。 また、しっかりとお手入れすることで、入れ歯を長持ちさせることができます。

ブリッジのケアについて

ブリッジのケアに「歯間ブラシ」は欠かせません。歯ブラシでは隙間までしっかり掃除するのが難しく、かなり高い確率で磨き残しがでてしまいます。そこで「歯間ブラシ」を用いて、しっかりとお掃除をする必要があります。「歯間ブラシ」には大きさがいくつかあり、使い方にもコツがあります。歯科医院ではブラッシングの指導を行っていますので、ぜひ一度ご相談ください。

ブリッジは虫歯や歯周病になりやすい?

ブリッジは構造上歯ぐきから浮いた部分ができてしまいます。そこに食べかす・プラーク(歯垢)がたまりやすく、これが2次むし歯や歯周病を引き起こします。いずれも歯の耐久性を弱め、ブリッジの支えとなる歯が折れてしまうなどの原因となりますので、注意が必要です。

ブリッジの耐久性とお口の将来

ブリッジは、歯が抜けてしまった部分を、自分の歯を支えにして橋渡しして補う方法です。入れ歯のように取りはずす必要もなく大変便利ですが、一方、支えとなっている歯に力がかかるため、歯が折れてしまうなどのリスクがあります。歯が折れてしまうと、さらに大きなブリッジや入れ歯になってしまいますので、支えとなる歯は特にしっかりケアをして守っていく必要があります。

ブリッジのお手入れ

歯が抜けてしまった場合の治療法のひとつに「ブリッジ」があります。ブリッジは抜けてしまった部分を、 自分の歯を支えにして橋渡しにして補う方法ですが、構造上プラークがたまりやすい箇所があります。 歯間ブラシ等でしっかりとケアを行い、磨き残しのないよう心がけましょう。

治療上の注意

・妊娠していることをお知らせください
安全な治療をお受けいただくために必要です。妊娠している場合には必ずお知らせください。
・母子健康手帳を忘れずに持参
治療方針を患者様の状況によって変えます。妊娠状況の記されている母子健康手帳を忘れずにお持ちください。
・産婦人科の先生にあらかじめ相談を
歯科受診前に産婦人科の先生にご相談をしてください。必要に応じて、協力をすることでスムースな診療をいたします。

掲載されている文言、写真、イラストなど、文字・画像等のコンテンツに関して、編集著作権を含む一切の権利はCool Jおよびコンテンツ提供者が保有いたします。法律で認められた場合を除きこれらをCool Jに無断で利用することはできません。