おかだ歯科

姫路の歯科/歯医者|小児歯科・矯正歯科・インプラント・ホワイトニングはおかだ歯科へ。

生え始めの歯のケアが大切

全記事数: 592件

1 9 10 11 12 13 14 15 16 17 74

生え始めの歯のケアが大切

6ヶ月くらいからいよいよ歯が生え始め、お子さんのお口の健康管理が始まります。歯みがき嫌いにならないように、やさしく歯をみがいてあげましょう。

0~1歳児の歯のケア

将来のお口の健康のためには、生え始めのケアが大切です。歯が出始める前(生後4ヶ月~)でも歯茎をケアすることでだ液がたくさん出るようになります。歯が少しでも生えてきたら(生後6ヶ月~)歯磨きをスタート。歯の数が増えてきたら(生後8か月~)歯間や裏側など、磨きにくいところに注意してケアしましょう。

PMTCはすごい

目立つ汚れや、ざらざらが取れて、歯がピカピカになります!

歯みがきではとれない表面についた強固なヌメヌメ(バイオフィルム)がとれるから、スッキリ爽快!施術中も気持ちいい!

もちろん、普段の歯みがきでは取れにくい、隅々のプラーク(歯垢)がしっかり取れるので予防効果も抜群です!

PMTCについて

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaning の略です。簡単にいうと、「歯科医師や歯科衛生士による、専用の機器を使った歯のお掃除」という意味になります。専門的なクリーニングですので、歯ブラシでは取れない汚れまで、しっかりと落とすことができ、何よりとても気持ちの良い施術です。PMTCの効果と基本的な流れについて解説します。

フッ素

フッ素は確かにむし歯になりにくい状態をつくりますが、それによって、完全にむし歯が予防できるものではありません。あくまでもむし歯予防の基本は毎日の歯みがき。このブラッシング(歯みがき)とともにフッ素を併用することではじめて、高い予防効果を発揮します。もちろん、一度むし歯になってしまったら、フッ素を使っても治りませんよ!

フッ素の二つの効果

フッ素は、歯そのものを丈夫にしてくれるのと同時に、むし歯菌の力をも弱めてくれるむし歯予防に欠かせないものです。

フッ素の効果

フッ素は、歯そのものを丈夫にしてくれるのと同時に、むし歯菌の力を弱めてくれるむし歯予防に欠かせないものです。フッ素には歯の再生(再石灰化)を促進させる効果や、歯の表面の結晶を強くする効果があります。ブラッシングとフッ素を併用することで高い予防効果を発揮します。フッ素の効果を高めるためのポイントについて解説しています。

フッ素入り歯磨き剤で効果倍増

キシリトールやリカルデントはすぐに効果があらわれるものではありません。1日数回、毎日の習慣にしましょう。また、キシリトールやリカルデントだけでむし歯が予防できるわけではありません。毎日の歯みがきもとても大切。フッ素入りの歯みがき剤と併用すると、効果抜群です!

掲載されている文言、写真、イラストなど、文字・画像等のコンテンツに関して、編集著作権を含む一切の権利はCool Jおよびコンテンツ提供者が保有いたします。法律で認められた場合を除きこれらをCool Jに無断で利用することはできません。